« 初笑の句@お多福がむかしは美人初笑 | トップページ | 六日の句@星ひとつ輝きてをり六日の夜 »

2007年1月 6日 (土)

初詣の句@山の神拍手三拝初詣

昨日は駄句溢るる日だった。Photo_482
そこで今朝の二句目は山の神である。

 山の神拍手三拝初詣

どうして山の神なのかなあ。検索したら、山の神は一般に女神であるとされており、そこから自分の妻のことを恐妻であるとして謙遜する「山の神」という表現が生まれたとちゃんと答えがあった。参拝作法についても二拝二拍手一拝が作法とのことである。だから、三拝は俳句的虚構捏造である。

 境内に入りて風なし初詣     田中王城
 初詣なかなか神に近づけず   藤岡筑邨
 星めがけて賽銭投げぬ初詣   佐野青陽人
 初詣あかつきくらき男下駄    石橋秀野

石橋秀野は39歳で夭折した。「西日照りいのち無惨にありにけり」は療養中の句であろう。絶唱である。

※画像は岩手県北部の山間)の町、安代町(あしろちょう)にまつられている山の神である。

|

« 初笑の句@お多福がむかしは美人初笑 | トップページ | 六日の句@星ひとつ輝きてをり六日の夜 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初笑の句@お多福がむかしは美人初笑 | トップページ | 六日の句@星ひとつ輝きてをり六日の夜 »