« 日本のレーニンよ、出でよ | トップページ | 椿@白椿女患混み合ふクリニック »

2007年2月26日 (月)

「デート法」を制定せよ

今朝の日経、石田衣良がインタビュー「領空侵犯」でデート法(残業禁止法)の制定を提案Photo_674 している。少子化を食い止めるために残業を禁止し、もっと結婚のチャンスを作ってもらうデート法を制定すべきとの主張で、ネットでのコメントも歓迎とのことである。
そこで、次のようなコメントを投稿したけれど、左翼的言辞と判断されて掲載されないだろう、多分。

大賛成です。残業禁止法とセットでホウイトカラーエグゼンプションなんとかという難しい法律を施行するのはどうでしょうか。
残業は原則禁止、例外的に労使が認めた人間だけは可、かつ、場合によっては裁量労働制もありというのが妥当と考えます。

個別企業はどうしても短期でコスト優先になりがちです。これが行き過ぎると結局は国力を落とします(最近の偽装派遣問題→若者の非正規雇用にその危惧を感じています)。
そこを制御するのが議会・政府の役割です。安倍政権には大企業に歯止めをかけてのイノベーションを望みます。それが「美しい国、日本」への道です。

|

« 日本のレーニンよ、出でよ | トップページ | 椿@白椿女患混み合ふクリニック »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本のレーニンよ、出でよ | トップページ | 椿@白椿女患混み合ふクリニック »