« 春の空@野と山と街をつつめり春の空 | トップページ | 春の星の句@春星や希望なけれど生きてをり »

2007年2月20日 (火)

春の雲の句@頬杖をつけば淋しも春の雲

机上句だ。

 頬杖をつけば淋しも春の雲

まずまずか。措辞だけで切り抜けているようなところもある。気分の実はあるつもりではあPhoto_638 るが。

 春の雲人に行方を聴くごとし     飯田龍太
 春の浮雲馬は埠頭に首たれて    佐藤鬼房
 土手の木の根元に遠き春の雲   中村草田男
 宝石の大塊のごと春の雲       高浜虚子

龍太の句は一読、感じさせる名句である。比喩は出そうとして出せるものではない。擬人化して見るのも一つの手段かもしれない。
それはともかく、俺の句で比喩が成立しているものを後で探してみよう。

※画像は髪|粉末ジュースの味から勝手拝借/感謝です。

|

« 春の空@野と山と街をつつめり春の空 | トップページ | 春の星の句@春星や希望なけれど生きてをり »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の空@野と山と街をつつめり春の空 | トップページ | 春の星の句@春星や希望なけれど生きてをり »