« 冬の水の句@冬の水くゞりし泡の数いくつ | トップページ | 節分の句@節分の今日はイブなり酒飲まむ »

2007年2月 3日 (土)

冬終るの句@トルストイ読みし日もあり冬終る

昨日の速攻句だ。Photo_578

 トルストイ読みし日もあり冬終る

「戦争と平和」は手もつけなかったけれど、「アンナ・カレーニナ」「クロイツェル・ソナタ」は読んだという遠い記憶がある。こういう作品は若いときでしか(俺の場合は)読めない。第一、いまは小説を殆ど読まないしなア。あ、田辺聖子「ひねくれ一茶」は今、読書中。これは俳句の興味から読んでいるものだ。

 二夜三夜兄妹会はず冬了る    石田波郷
 湯屋の前月濃くて冬去りにけり   大野林火
 ひそかなる亀の死をもち冬終る   有馬朗人
 一冬を越えて吾あり五体あり    能村登四郎    

能村登四郎は高校の先生を長く勤めた人だったんだ。高校の(例えば古文)先生と言われるとイメージが湧くなあ。「うつくしきあぎととあへり能登時雨」という綺麗な句がある。他に「火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ」など叙情句あり。能登半島が実家だろうか。

※画像は戦争と平和 DVD  紀伊國屋書店 Forest Plusから勝手拝借/感謝です。

|

« 冬の水の句@冬の水くゞりし泡の数いくつ | トップページ | 節分の句@節分の今日はイブなり酒飲まむ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の水の句@冬の水くゞりし泡の数いくつ | トップページ | 節分の句@節分の今日はイブなり酒飲まむ »