« 二月の句@背中見せ二月は逃げる卑怯者 | トップページ | 春隣の句@色事を繰上げ卒業春隣 »

2007年2月 2日 (金)

日脚伸ぶの句@日脚伸ぶ四季あることのしあはせよ

物とか人の風景が入れば満点なのだが。Photo_576

 日脚伸ぶ四季あることのしあはせよ

やっぱり観念的だなあ、俺は。在庫している間にもちょっと揉むべきであったわ。反省。

 ひと〆の海苔の軽ろさや日脚伸ぶ   鈴木真砂女
 植木鉢廊下に溜り日脚伸ぶ       田村萌尖
 狂人も狡き日のあり日脚伸ぶ      中村草田男
 日脚伸ぶ今年為すこと多きかな     高浜虚子

草田男句ほど凝らなくてよいから物を詠まなくっちゃいけないよ、あんた。寄物陳思を噛み締めよ。この点、虚子句は別格である。それでも「四季あることのしあはせよ」よりは余程具体的であるぞ。

※画像は七目入り恵方巻から勝手拝借/感謝です。

|

« 二月の句@背中見せ二月は逃げる卑怯者 | トップページ | 春隣の句@色事を繰上げ卒業春隣 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二月の句@背中見せ二月は逃げる卑怯者 | トップページ | 春隣の句@色事を繰上げ卒業春隣 »