« 茶番劇なり、六カ国協議 | トップページ | 安倍総理に捧げる歌 »

2007年2月13日 (火)

概観@「エティカ」を読む(1)

図書館で中公クラシックス「エティカ」を見つけ、読めるだろうかと疑いつつ借り出してきPhoto_611 た。そして、なんとか読み通すことができた。工藤喜作の解説を何度も読み返したのと、懇切な注釈・図表が付いているのが効いたのだ。

そこで、まず、エティカ(最近はエチカではなくエティカと表記するみたい)の概観を書く。流れはこうなっている。

存在論(真に実在するものは何か→神即自然である)
認識論(正しい知に到達するための認識はいかにあるべきか)
感情論(人の感情とは何か。感情の療法について)
価値論(善悪とは何か。自由について)

これを俺は得意の世界三層構造を頭に置きながら読んだ(だから読めた)。
すなわち、エティカ見取り図である。

価値世界    論理世界     事実世界
 価値論      認識論       存在論
   ↑        様態     神即自然=唯一の実体     
 感情論    三種の知性     コナトゥス(力)  
       (想像知・知性・直観知

エティカの基本思想を俺の三層世界論に引き付けて記述する。

(1)唯一の実体(自己原因。デカルトは精神と延長という実体二元論、スピノザは無限実体一元論)は神即自然=事実である。無限実体から様態(実体の変様)が産出される(論理モデルを抽出する)。
(2)これから、ホーリズム(クワインと結論は同じ!)内在主義(ものごとは対象の立場に立って内在的に理解するべきだ、従って批判も内在的批判であるべきだ)が演繹される。
(3)そしてまたホーリズムの立場だから、認識論においても分析的認識(想像知)ではなく総合的認識(知性)が正しいとされ、実体がその属性において変様した(俺に言わせればモデル化)様態(要するに個物)を認識する直観知とが認識の両輪である。
(4)全ては必然的(だから自由意志は否定)、コナトゥス(実体の力)の現れである。それを認識するのが知性と直観知である。
(5)生命においてコナトゥスは衝動となり、欲望(衝動の自己認識)・喜び・悲しみが感情の基本要素である。
(6)善悪も感情によって説明される。感情の療法(肯定と赦しの哲学)が倫理である。

要するに、事実(無限実体)から世界の論理モデル(正しい認識)価値モデル(善悪等)を抽出する体系的哲学及び形而上学(思想)なのである。ああ、痺れてしもうた。
存在論@「エティカ」を読む(2)に続く。

|

« 茶番劇なり、六カ国協議 | トップページ | 安倍総理に捧げる歌 »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茶番劇なり、六カ国協議 | トップページ | 安倍総理に捧げる歌 »