« 梅の句@梅つぶら夜来の雨が濡らしたり | トップページ | 対策するべし、ネットカフェ難民 »

2007年2月16日 (金)

春一番の句@春一番踊りましょうよタンゴでも

雪崩、海難事故など自然は凶暴化しているけれど、ともかくも春だ。Photo_623

 春一番踊りましょうよタンゴでも

本句を得たので「この冬は雪も降らずに春一番」「春一番空に濁りのひとつなく」は没。写生ではないけど一応、詩にはなっているか。

 若者に古着が流行る春一番    有馬朗人
 春一番競馬新聞空を行く      水原春郎
 春一番吹きをさまりて夜の卓    角川春樹
 春一番来し顔なればまとまらず   伊藤白潮

最後の句、増俳に鑑賞あり。こういう句に突き当たることがあるから、俳句読みは止められない。とある。なるほど。措辞「まとまらず」の力である。

※画像は当然にキャンディーズである。聴けるぞ。

|

« 梅の句@梅つぶら夜来の雨が濡らしたり | トップページ | 対策するべし、ネットカフェ難民 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅の句@梅つぶら夜来の雨が濡らしたり | トップページ | 対策するべし、ネットカフェ難民 »