« 鶯@うぐひすのまだ世慣れせぬ鳴き心地 | トップページ | 春の雷@春雷や恋は突然やつてくる »

2007年2月26日 (月)

春@春マスクかけて警官目に涙

花粉症句。

 春マスクかけて警官目に涙

たまたまテレビでマスクをかけた警官の映像を見て、これは句になると直感した。「秋風や眼中のものみな俳句」虚子の領域に達しつつあり。ウソ、嘘だ。Photo_670

 雪の絵を春も掛けたる埃哉       正岡子規
 春を病み松の根つ子も見飽きたり   西東三鬼
 蟇ないて唐招提寺春いづこ       水原秋桜子
 春は物の句になり易し古短冊      夏目漱石

三鬼の句は癌で病没する直前の絶唱である。1962年4月1日他界、享年61歳。波郷に「万愚節半日あまし三鬼逝く」がある。

※画像は西東三鬼賞 - 津山市から勝手拝借/感謝です。

|

« 鶯@うぐひすのまだ世慣れせぬ鳴き心地 | トップページ | 春の雷@春雷や恋は突然やつてくる »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶯@うぐひすのまだ世慣れせぬ鳴き心地 | トップページ | 春の雷@春雷や恋は突然やつてくる »