« 別れ霜@余白あり余命ありけり別れ霜 | トップページ | 春の空@北へ行く飛行機ひとつ春の空 »

2007年2月24日 (土)

春の夕焼@春夕焼明日は明日の風が吹く

するっと出た句。Photo_660

 春夕焼明日は明日の風が吹く

冬でも夏でも秋でもない、春でなければならない句だ。そして詩にもなっていると、この安易さを自己弁護しておこう。

 さきがけてわが部屋灯す春夕焼   桂 信子
 
雪山に春の夕焼滝をなす        飯田龍太
 春夕焼いつも涙は塩の味        伊東テル子
 地に子供春の夕焼母のごとし    三谷 昭

春の夕焼けは秋とは違う味がある。しょっぱいけれど甘みもあるのである。だから、明日は明日の風が吹くと開き直ることもできる。裕次郎も甘えん坊だった。

※画像は石原プロモーション-石原裕次郎-映画-明日は明日の風が吹くから勝手拝借/感謝です。

|

« 別れ霜@余白あり余命ありけり別れ霜 | トップページ | 春の空@北へ行く飛行機ひとつ春の空 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

昨日は雨上がりに春夕焼けが見えましたね。
優しい色の夕焼けがとても印象的でした。

投稿: ブドリ | 2007年2月24日 (土) 午前 09時36分

あ、昨日のは見逃しました。母恋し春夕焼を見逃して

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2007年2月24日 (土) 午前 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別れ霜@余白あり余命ありけり別れ霜 | トップページ | 春の空@北へ行く飛行機ひとつ春の空 »