« 春の雲の句@頬杖をつけば淋しも春の雲 | トップページ | 春塵の句@またいつかどこかで会おう春の塵 »

2007年2月20日 (火)

春の星の句@春星や希望なけれど生きてをり

実感句である。

 春星や希望なけれど生きてをり

初案「春星や希望あらずば生もなし」だった。皮を剥いて俳味をまぶして本句となった。言Photo_639 葉はつい観念的に使い勝ちだと反省し、スローガン句から抜け出すことができた。

 乗鞍のかなた春星かぎりなし    前田普羅
 火の山の太き煙に春の星      高野素十
 春の星またたきあひて近よらず  成瀬櫻桃子
 盛り場の裏くらがりに春の星     福田蓼汀

俳句の基本は物を詠むこと。掲題句にはそれがない。反省。
ところで、普羅は山を愛した俳人。同じ春星で「春星や女性(にょしょう)浅間は夜も寝(い)ねず」がある。

※画像は乗鞍・畳平 (まぐろのめだま)から勝手拝借/感謝です。

|

« 春の雲の句@頬杖をつけば淋しも春の雲 | トップページ | 春塵の句@またいつかどこかで会おう春の塵 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の雲の句@頬杖をつけば淋しも春の雲 | トップページ | 春塵の句@またいつかどこかで会おう春の塵 »