« 首相官邸苦慮中?←モンゴル大統領来日 | トップページ | 梅の句@横浜本牧三渓園 »

2007年2月12日 (月)

建国記念日の句@建国日九条いまだ生きてをり

昨日、投句するのを忘れていた。二月十一日は紀元節であったのだ。Photo_607

 建国日九条いまだ生きてをり

2月11日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年に「建国記念の日」として定められたのである。

ところで、あの「愛国者」小林よしのりが改憲反対を唱えているそうだ。<憲法改正が「自主独立」のためでなく、「日米同盟の強化」のためのものであり、米国の属国化を進めるものならば、わしは「護憲派」にはならないが、「現時点での憲法改正に反対」の立場に回らねばならない!>とのことだ。自主独立派からも当然の論理である。もし9条が無かったらイラク戦争への協力も現状程度で済んでいたかどうか疑わしい。陸上での兵站支援は少なくともやっていただろう。

さて、憲法は果たして参院選の論点になるのだろうか。自公も民主もなんかウジウジしてるしなあ。選挙が終わったら消費税とセットで改憲へなんて御免だけれど、なにせ問題先送り、付いていきますアメリカさんにどこまでもだからなあ。下駄の雪日本亡国建国日。

 神話おほかた愛の争ひ建国日     草村素子
 旗立てて古りし傷撫づ建国日      長かずを
 紀元節今なし埴輪遠くを見る       山口草堂
 豆腐屋の笛もて建国の日の暮るる   岡崎光魚

生活が基本。生活を守る手段として国家は(必要悪として)存在する。そして、国敗れても生活は残るのである(戦争で人は多く傷つき死ぬのだが)。
パレスチナに平和を。そしたら北の核も拉致も解決するような気がしてきた。理由は何故アメリカは柔軟になったかを参照+北の存在は日米軍事同盟共通の利益(北が崩壊したら沖縄基地返還論につながる)。

※画像は少年コミック  か行 - 新・東大一直線(小説版) - ミステリ専門古書店 迅速&丁寧をモットーに国内へ通販から勝手拝借/感謝です。

|

« 首相官邸苦慮中?←モンゴル大統領来日 | トップページ | 梅の句@横浜本牧三渓園 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 首相官邸苦慮中?←モンゴル大統領来日 | トップページ | 梅の句@横浜本牧三渓園 »