« 春浅しの句@開けて閉づ心の障子春浅し | トップページ | 八百長問題を国会で追及せよ »

2007年2月 7日 (水)

春霜の句@春霜のいつものろまな人愛す

女性の作品(のつもり)。Photo_592

 春霜のいつものろまな人愛す

実は(何を隠そう)「新婚さんいらっしゃい!」を毎週観ている。下ネタもいいけれど、夫婦の取り合わせを眺めるのもまたいい。そして三枝の芸も笑える。
ところで番組のホームページを始めて見たけれど、へーえ、予選会をやってるんだ。当然、演出(限度内のやらせ)もあるだろうなあ。人生も芸の内なり花曇(でけた!)。

 先見ゆるいのちなりけり春の霜   石塚友二
 春霜に美しう老いておはすらむ   中川宋淵
 つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ  前田普羅
 あけぼのや麦の葉末の春の霜     鬼貫

鬼貫は、「東の芭蕉・西の鬼貫」と称された俳人。「にょっぽりと秋の空なる富士の山」が代表作である。もうちょっとコメントすべきなのだが、まだ勉強不足である。

|

« 春浅しの句@開けて閉づ心の障子春浅し | トップページ | 八百長問題を国会で追及せよ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春浅しの句@開けて閉づ心の障子春浅し | トップページ | 八百長問題を国会で追及せよ »