« 天木新党構想に賛成 | トップページ | 「新左翼」宣言 »

2007年2月 1日 (木)

睦月尽の句@含み益すこしふくらみ睦月尽

こんな句をひねる奴が「俺は新左翼だ」なあんて言っても誰も信用はしないかもしれないPhoto_571 ナア。

 含み益すこしふくらみ睦月尽

アメリカ経済の底割れはなさそうとの安心感が広がってコマツ株が高値戻しの勢いとなっている。昨日の日経に「2010年まで二桁売上げ増続く」社長談が載っていた。
しかし、コマツに限らず輸出株(更には日本経済)にとってこわいのはドル安イラクに戦費50兆も注ぎ込んでいる国の通貨がいつまでも高いのはおかしい。半分、売ろうかなあ。
先物博打失敗の心の傷は七割方消えた。しかし、持ち株全体の含み損なお消えず。

ともあれ、日中呉越同舟共存(ドル帝国軟着陸に向けて)→イラクアフガン戦争の早期終結→ドル帝国軟着陸→日本経済継続的繁栄→株価上昇・俺の含み損解消というシナリオは一面的願望にすぎるであろうか

ところで睦月尽は手元の歳時記に載っていない。ネット歳時記にもない。「尽」とは終わりを意味する尽であるが、どの月にも使えると言うわけではない。新しがりやに特に警告したい(富安風生)。とあるが、先例句もあるので世間は許してくれるだろう。

 掛け替へし杉玉の香や睦月尽     根岸 善雄

※写真は☆大杉 栄☆から勝手拝借/感謝です。

|

« 天木新党構想に賛成 | トップページ | 「新左翼」宣言 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天木新党構想に賛成 | トップページ | 「新左翼」宣言 »