« 春の雷@春雷や恋は突然やつてくる | トップページ | 日本のレーニンよ、出でよ »

2007年2月26日 (月)

春袷@春袷いつも変はらぬ人とゐる

女性句だ。Photo_672

 春袷いつも変はらぬ人とゐる

「裏地の付いた着物のことを袷といい、春に着る袷のことを特に春袷という。色彩も柄も華やか」とわたしの歳時記にある。色気がある季語だ。そこで女が詠んだ句にしてみた。句意はどうでもいい。無意味な句が名句である。

 夫なしのわが身に裁つや春袷    桂 信子
 弥撒の花白き手にあり春袷     佐々木有風
 そよそよと生きて来しなり春袷    山田みづえ
 行きずりの私語も柔らか春袷    大津信子

掲題句、春ショールでは華やかに過ぎる。だから春袷。季語は動かないと言い張っておこう。

|

« 春の雷@春雷や恋は突然やつてくる | トップページ | 日本のレーニンよ、出でよ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の雷@春雷や恋は突然やつてくる | トップページ | 日本のレーニンよ、出でよ »