« 辛夷@曇る日に小さく咲けり花辛夷 | トップページ | 花菜漬@花菜漬女の敵は女なる »

2007年3月 4日 (日)

春の鹿@春鹿に恋心あり乙女子よ

「雄鹿の前吾もあらあらしき息す」橋本多佳子の向うを張るつもりはこれっぽっちも無い。

 春鹿に恋心あり乙女子よ

わりとすんなり浮かんだ句だ。二句切れで下五は「~よ」と呼びかけて終えるという型があるのだと認識した。十七音という狭い天地に、季語と型に導かれて詩情を垂らすのが俳句である。

 世にも清き濡れ眼かなしも春の鹿     森川暁水
 春鹿の眉ある如く人を見し          原 石鼎
 まつさらの闇から生まれ春の鹿       寺田良治
 春の鹿ぽつんと歩きはじめけり       宮崎夕美

「老齢の雄は4月初旬には角が落ちてしまう。雌は秋に妊娠して、5~7月の間に出産する。子を孕んだ雌鹿は、動作が鈍く、脱毛と重なってやつれて哀れにみえる。」とわたしの俳句歳時記にある。手元の歳時記には「孕鹿」が別の項目である。「孕鹿とぼとぼ雨にぬれていく」高浜虚子。

|

« 辛夷@曇る日に小さく咲けり花辛夷 | トップページ | 花菜漬@花菜漬女の敵は女なる »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 辛夷@曇る日に小さく咲けり花辛夷 | トップページ | 花菜漬@花菜漬女の敵は女なる »