« 鶯@鶯の撮れて嬉しき散歩かな | トップページ | 自分のブログの検索方法 »

2007年3月23日 (金)

椿@面影や庭にひともと八重椿

Photo_102 面影や庭にひともと八重椿

句の中味はなんにも無い。要するに、面影と八重椿だけだ。というのも、この写真、たまたまきれいに撮れているから句をくっつけて俳句写真として公開したかったのである。こんなときに「面影や」とやれば句がつくれそうだ。しかしやっぱりこのような句作は邪道のように思う。

 椿咲く銀河のなかに銀河あり     五島高資
 椿めきてひもじきこゑを洩らしけり  仁藤さくら
 落椿告白といふ快感も         大倉郁子
 藪椿母との距離を少しとり       小田涼子

例句は全部、e船団(坪内稔典チームと呼称してもいいだろう)から引いた。「銀河」句について稔典さんは「銀河のなかに銀河あり」という表現と、「椿咲く」が組み合わされたとき、自然の大きさや深さに届いたのだと激賞されているが、「椿」と「銀河」の取り合わせに俺は少々ついていけない。でも、飯島晴子ほど難解でもなく面白いことは面白い。「ひもじきこゑ」句も「告白快感」句(これが一番)も面白い。いのち=エロスを詠うひとつの形だと思う。

|

« 鶯@鶯の撮れて嬉しき散歩かな | トップページ | 自分のブログの検索方法 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

やさしい色の椿ですね。
首から落ちてしまうので嫌う人もいますが
花びらを散らす種類もあって
椿は花の少ない季節に色を添えてくれますね。
以前に乙女椿を詠んだ句です。
「幾重にも乙女椿の想いあり」

投稿: あかね | 2007年3月24日 (土) 午後 12時16分

検索したら、この八重椿、乙女椿のようですねえ。想いは八重に重なりにけり。

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2007年3月24日 (土) 午後 03時42分

可憐な写真ですね 写真俳句いいですね
私もブログを始めてからデジカメを持って
どこにでも出没です。

投稿: みなこ | 2007年3月25日 (日) 午前 12時13分

いつも拝見しています。コンパクトなカメラをバッグに忍ばせていらっしゃるのだろうと推察しています。

投稿: 土曜日の各駅停車 | 2007年3月25日 (日) 午前 04時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶯@鶯の撮れて嬉しき散歩かな | トップページ | 自分のブログの検索方法 »