« 春風@恋唄のひとつふたつも春の風 | トップページ | 俺にそっくりなオヤジの写真 »

2007年3月25日 (日)

辛夷@うつくしやお国自慢の花辛夷

Photo_107 うつくしやお国自慢の花辛夷

辛夷はきれいで可憐で清々しい花だ。また、花辛夷という言葉も句につくりやすい(何にでもつく→例えば「懐かしや友の便りの花辛夷」即吟。あ、こっちの方がええやんか)。夕辛夷とひねってもいいしなあ。それはともかく、今年は辛夷と桜とを同時に観られそうだ。

 辛夷咲く村に一人の万医者      水原春郎
 わが山河まだ見尽さず花辛夷    相馬遷子
 辛夷咲く生まれた町へ途中下車   北原武巳
 性愛や夜も真白き花辛夷      岩淵喜代子

岩淵喜代子について稔典さんは「この作者は、自然とのかかわりを性愛的な濃密さとして感受しているのだろう」と評している。自然も性愛もいのち(エロス)の現れである。
他の例句も読みたい方は「曇る日に小さく咲けり花辛夷」へどうぞ。

|

« 春風@恋唄のひとつふたつも春の風 | トップページ | 俺にそっくりなオヤジの写真 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春風@恋唄のひとつふたつも春の風 | トップページ | 俺にそっくりなオヤジの写真 »