« 杜鵑花@さつき咲く乙女のごとき早春に | トップページ | 雪柳@雪柳触れてちひさき愛ひとつ »

2007年3月21日 (水)

語るな、取り合わせよ

泰二の俳句教室でクリニックを受けて、自分なりに考えた。それは
Photo_107
(1)一番言いたいことは言わない。ほのめかす色気がニクイのだ。

(2)写生も基本は取り合わせ。取り合わせで写生するのが(俺にとっては)やりやすいということに気づいた。「柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺」子規も取り合わせの句(柿と法隆寺)だということを、坪内稔典「柿喰ふ子規の俳句作法」に教えてもらった。

ということだ。成果は明朝に、あんまり期待しないでね。

|

« 杜鵑花@さつき咲く乙女のごとき早春に | トップページ | 雪柳@雪柳触れてちひさき愛ひとつ »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杜鵑花@さつき咲く乙女のごとき早春に | トップページ | 雪柳@雪柳触れてちひさき愛ひとつ »