« 花@すれちがふ顔と顔とや花の雨 | トップページ | 花@どちらまでちょいとそこまで花遍路 »

2007年3月31日 (土)

三月尽@犬の眼に未来見ゆるや三月尽

Photo_615 犬の眼に未来見ゆるや三月尽

最近、朝Walkで近所のオジサンによく出会う(この人、早期退職したんとちゃうかなあ)。いつも犬を連れていて、俺もカメラが嬉しいので撮らせて貰った。犬の瞳がよく撮れていると自己満足。そこで一句とした。季語は三月尽しかないと思う。

 色も音もうしろ姿や弥生尽       蕪村
 弥生尽かもめの骨を砂が埋め   中島※雄(ゴメン。歳時記の字が読めない)

三月尽の例句が引けなかったので弥生尽で代替した。しかし、弥生尽は本来は「春の尽きる日という感慨のこもったことば」とのことで、新暦では四月尽にあたる。新暦の三月尽は年度末という意味合いが強いように思う。

|

« 花@すれちがふ顔と顔とや花の雨 | トップページ | 花@どちらまでちょいとそこまで花遍路 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花@すれちがふ顔と顔とや花の雨 | トップページ | 花@どちらまでちょいとそこまで花遍路 »