« 春泥@酒量落ち寿命延びるや春の泥 | トップページ | 春@春野菜並ぶスーパー吟行す »

2007年3月 2日 (金)

春の夜@春の夜の春画骨董俳句かな

「春の夜」に「春画」を眺めてみたかった。Photo_698

 春の夜の春画骨董俳句かな

初案「春の夜の春画眺むる涙かな」だった。これでは意味が通じないしひねりもない。そこに「骨董」が来てくれて「春画」と「俳句」をつなげる橋になってくれた。かくしてナンセンス句となったものだ。

 春の夜や浮世絵の虚と実の間     杉 良介
 春の夜や背にまはりたる胃の痛み  久保田万太郎
 春の夜や檸檬に触るる鼻の先     日野草城
 春の夜やむかし悲しき唄ばかり    久保田万太郎

ちょっと逡巡したけれど、えいやっ。Doblog - K-SOHYA POEM BLOG -から絵を勝手拝借してきた。

|

« 春泥@酒量落ち寿命延びるや春の泥 | トップページ | 春@春野菜並ぶスーパー吟行す »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春泥@酒量落ち寿命延びるや春の泥 | トップページ | 春@春野菜並ぶスーパー吟行す »