« 雪柳@雪柳花をこぼして泣く涙 | トップページ | 無料で自費出版できる! »

2007年3月 3日 (土)

春の虹@閑暇あり早期退職春の虹

昨日、得た句だ。「新聞の会社人事に名前読む同期の二人昇進したり」とセットで鑑賞しPhoto_704 て頂くとありがたい。

 閑暇あり早期退職春の虹

初案「春の虹早期退職閑暇あり」だった。これは当然、順番を入れ替えて本句とすべきものだ。俺は勤め上げられなかったことを後悔したことはない。ああ、ついでに「リストラの風は冷たしこの宵は二合の酒に酔ひて眠らむ」も申し添えておこう。

 春の虹手紙の母に愛さるる      寺山修司
 野の虹と春田の虹と空に合ふ    水原秋桜子
 乳房やああ身をそらす春の虹   富澤赤黄男
 ふつつりと切れたる春の虹太し   加藤三七子

秋桜子の句は虹の句の名句だ。自然を描写することによって読者は生を感じるのである。しかし、実景なのだろうか。もっとも、そのようなことはどうでもいい。名句は名句だ。

※画像は時計 Dali(ダリ)チリチリ(Chillichilly)|Cool Modern Asiaから勝手拝借/感謝です。

|

« 雪柳@雪柳花をこぼして泣く涙 | トップページ | 無料で自費出版できる! »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪柳@雪柳花をこぼして泣く涙 | トップページ | 無料で自費出版できる! »