« 桜@初老なり早寝早起早桜 | トップページ | 菫@誰がために菫咲けるや泣くのやら »

2007年3月15日 (木)

春の朝@春の朝カメラ初心に景を切る

Photo_61 春の朝カメラ初心に景を切る

カメラと俳句は景を切り取るという点で共通するものがありそうだ。
一方、俳句の三要素(俺のオリジナル)は、メロディ(思想=言いたいこと)・リズム(韻律)・和音(詩=喩)である。
とすれば、写真の三要素は、メロディ(思想=被写体)・リズム(動き、躍動感、静止感)・和音(構図=俳句でいうところの取り合わせ)ではなかろうか。
とにかくもまあ屁理屈が好きな男だと自覚はあるのである。

 庭見んとし給ひし母や春の朝    長谷川かな女
 襟垢にひんやり触れぬ春の朝    斎藤白雲堂

この季語の句は比較的少ない(と思う)。例句は手元の歳時記から引いた。わたしの俳句歳時記はこの季語を「春暁」でまとめているが、感覚はちょっと違う。暁はまだ暗く、朝は既に明け切っているのである。俺の句は平凡な説明句。「景を切る」だけが取り柄だ(たいした取り柄にあらず)。

|

« 桜@初老なり早寝早起早桜 | トップページ | 菫@誰がために菫咲けるや泣くのやら »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜@初老なり早寝早起早桜 | トップページ | 菫@誰がために菫咲けるや泣くのやら »