« 柳@迷ひ路の柳通りに出会ふかな | トップページ | 三月尽@犬の眼に未来見ゆるや三月尽 »

2007年3月31日 (土)

花@すれちがふ顔と顔とや花の雨

Photo_614 すれちがふ顔と顔とや花の雨

「桜」は具象、これに対して「花」は「桜の醸し出す華やかな雰囲気を、より広く、象徴的にとらえるときにふさわしい」(花の歳時記 春)とあり、やや抽象という使い分けをすることを知った。だから、「花」には「花影、花の雨、花の雲、花の宿、……」など多彩なサブ季語があるのだ、なるほど。
さて俺のこの句は「花の雨」の本意をつかまえているか、アカンやろなあ。アカンついでにもう一句→「開幕戦阪神負けて花の雨」。井川の抜けた穴は大きいか?

 雀来て障子にうごく花の影        夏目漱石
 咲き満ちてこぼるる花もなかりけり  高浜虚子
 呼びとめて二人となりぬ花明り    五所
平之助
 花よりもくれなゐうすき乳暈かな    真鍋呉夫

乳暈は「ちがさ」と読む。読み方はわからねど部位はわかる。噛み締めてようく味わうべき象徴詩ということである。

|

« 柳@迷ひ路の柳通りに出会ふかな | トップページ | 三月尽@犬の眼に未来見ゆるや三月尽 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柳@迷ひ路の柳通りに出会ふかな | トップページ | 三月尽@犬の眼に未来見ゆるや三月尽 »