« 沈丁花@帰り来て沈丁匂ふ夜の厨 | トップページ | 花曇@人生も芸の内なり花曇 »

2007年3月28日 (水)

目借時また失くしたるボールペン

Photo_516 目借時また失くしたるボールペン

目借時は【蛙の目借時】 かわずのめかりどきの略。春深く、眠気をもよおすような季節のこと、また、眠くてたまらない春の夜のこと。蛙が人の目を借りるからだというが、本来「めかり」は「妻狩り」で、異性を求める時期のことをいうとされる(わたしの俳句歳時記より)。

俳句を始めなければこんな言葉知らなかったなあ。「妻狩り」を知ったからといってなんの得もないけど。そういえば「まぐはふ」は「目ぐはふ」だっけ。

 水飲みてすこしさびしき目借時     能村登四郎
 女子大の公開講座目借時        山縣輝夫
 組みし脚はらりと解けて目借時     湯本明子
 怠け教師汽車を目送目借時      中村草田男

なんか学校のセンセイがらみの句ばかりのようだけど、俺の同級生で女子高教師やってるのは胃潰瘍を患ってるそうだ。

|

« 沈丁花@帰り来て沈丁匂ふ夜の厨 | トップページ | 花曇@人生も芸の内なり花曇 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈丁花@帰り来て沈丁匂ふ夜の厨 | トップページ | 花曇@人生も芸の内なり花曇 »