« 自分のブログの検索方法 | トップページ | 蜆汁@蜆汁深川寓居遺影妻 »

2007年3月24日 (土)

春の闇@観音の色香に惑ふ春の闇

真鶴の中川一政美術館のロビーで観音様の写真かなにかを見たときに、上五中七が浮 Photo_266 かんだ。

 観音の色香に惑ふ春の闇

そうすると後は季語だが、「をみなとはかかるものかも春の闇」日野草城から頂戴して完成した。「春の闇」がなまぐさくなる季節まで在庫していたものである。

 千里より一里が遠き春の闇   飯田龍太
 灯をともす指の間の春の闇   高浜虚子
 鍵穴の指に触れたり春の闇   連 宏子
 寝返れば秒音とまる春の闇   楠本憲吉

龍太はエロティックな「春の闇」を上品に昇華させ、かつ、志を感じさせる句に仕立てている。俳句はいのち(エロス)であり志であると思う。俺の句は志以前に惑っているのだが。

※画像は真鶴町立中川一政美術館から勝手拝借/感謝です。

|

« 自分のブログの検索方法 | トップページ | 蜆汁@蜆汁深川寓居遺影妻 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分のブログの検索方法 | トップページ | 蜆汁@蜆汁深川寓居遺影妻 »