« 雛@仕組まれて株価は下げる雛祭 | トップページ | 春の虹@閑暇あり早期退職春の虹 »

2007年3月 3日 (土)

雪柳@雪柳花をこぼして泣く涙

「雪柳米粒ほどの涙かな」を後からつくったけれど没。

 雪柳花をこぼして泣く涙

家の前の雪柳が咲き出した。まだ可憐な花がいくつか咲いているだけだけれど、満開になれば文字通り雪の降るようになる。花から女性を連想するのは自然である。

 雪柳花みちて影やはらかき     沢木欣一
 雪柳老の二人に一と間足り     富安風生
 雪柳ふぶくごとくに今を咳く      石田波郷
 雪やなぎ苑をしろくして人死せり   山口誓子

花→生→白→死というのもまた自然だ。死生一如という言葉をいま造語してしまった。
雪柳の写真をどこかから拝借しようと思ったけれど、苦心のお写真ばかりだろうと思って止めた。今日多分デジカメを買ってしまうだろう。

|

« 雛@仕組まれて株価は下げる雛祭 | トップページ | 春の虹@閑暇あり早期退職春の虹 »

「俳句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雛@仕組まれて株価は下げる雛祭 | トップページ | 春の虹@閑暇あり早期退職春の虹 »