« 別宅建立→土曜日の写真俳句ワールド | トップページ | 沈丁花@帰り来て沈丁匂ふ夜の厨 »

2007年3月28日 (水)

桜@飽かぬかな美女もサクラも人生も

Photo_417 飽かぬかな美女もサクラも人生も

俳句の俳は人でなしの俳。そして俳諧の諧は諧謔の諧。だから、俳句にはスパイスが必要なのに、アホやなあこの句。そんなにオモロイんか、アホウ。えっ、人の言うことをまともにするオマエがアホやてか。馬鹿にするなアホ。

 長き長き戦中戦後大桜         三橋敏雄
 男なら兵でありしを城桜         関 芳子
 満開のふれてつめたき桜の木    鈴木六林男
 身の奥の鈴鳴りいづるさくらかな    黒田杏子

桜って、どこかしら冷ややかに感じることはないだろうか。ぱっと咲いてぱっと散るからいいんだけれど、梅のように長く咲いてるとちょっとたまらないかもしれない。

|

« 別宅建立→土曜日の写真俳句ワールド | トップページ | 沈丁花@帰り来て沈丁匂ふ夜の厨 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 別宅建立→土曜日の写真俳句ワールド | トップページ | 沈丁花@帰り来て沈丁匂ふ夜の厨 »