« 沈丁花の二句 | トップページ | 木瓜@夫愛し妻が水やる盆の木瓜 »

2007年3月13日 (火)

菫@自裁せし女性俳人花すみれ

Photo_51 自裁せし女性俳人花すみれ

この俳人は「梅が香を今朝も呼吸す生きてをり」で触れた飯島晴子(享年79歳)のことだ。これがきっかけで興味を持って「飯島晴子読本」を図書館から借りてきた。虚子の花鳥諷詠とは隔絶した手法をとる俳人(前衛俳人と言っていいだろう)だが、「寒晴やあはれ舞妓の背の高き」という具象的な句もある。最後の作品(絶句)は「丹田に力を入れて浮いて来い」だ。Photo_52

 山路きて何やらゆかしすみれ草    芭蕉
 菫つめばちひさき春のこころかな    暁台
 菫程な小さき人に生れたし      夏目漱石
 足もとの劣情の白すみれかな    飯島晴子

まだまだ引きたい佳句がある。そのためには俺が菫の句をつくらねばならぬ。薔薇よりも菫を愛す初老かな。

|

« 沈丁花の二句 | トップページ | 木瓜@夫愛し妻が水やる盆の木瓜 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈丁花の二句 | トップページ | 木瓜@夫愛し妻が水やる盆の木瓜 »