« 桜漬@デパートにお洒落なエプロン桜漬 | トップページ | 泰二さんの句会が始まります »

2007年3月27日 (火)

連翹@連翹に雨の淋しもタンゴ聴く

Photo_109 連翹に雨の淋しもタンゴ聴く

雨が降った後は、雨に濡れた花を撮ろうと思う。そして、写真を撮ると句をつけねばならぬ。ということで(ちょっと)無理筋でひねった句だ。下五「タンゴ聴く」にそれが現れているかもしれない。しかし、こうした写真俳句のつくり方は写生及び題詠の練習になる。

 連翹の奥や碁を打つ石の音        夏目漱石
 連翹のまぶしき春のうれひかな     久保田万太郎
 連翹の雨のしとゞにふるはかな     久保田万太郎
 連翹のはなちそめたるひかりかな    久保田万太郎

連翹の句は「うつむいて今年さみしい花連翹」に続き二句目だが、またつくるだろうから例句は(何を引いたか覚えやすいように)漱石と万太郎のみにした。連翹の雨を万太郎がすっきり美しく詠んでいる。俳句は余剰を削ぎ落とす文芸であることを実感した。

|

« 桜漬@デパートにお洒落なエプロン桜漬 | トップページ | 泰二さんの句会が始まります »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜漬@デパートにお洒落なエプロン桜漬 | トップページ | 泰二さんの句会が始まります »