« 雪柳@雪柳触れてちひさき愛ひとつ | トップページ | 日永@永き日や手に職もなくカント読む »

2007年3月22日 (木)

連翹@うつむいて今年さみしい花連翹

Photo_92 うつむいて今年さみしい花連翹

今年は(暖冬のせいだろうか)花が少ないように思う。例年はもっと眩しいぐらいの黄色なのに。そこで、口語句とした。ちなみに、この花は以前から名前を(俺でも)知っていた。たまたま近くに咲くからだ。

 連翹やかくれ住むとにあらねども  久保田万太郎
 遠くゐて連翹の黄と思ひをり      森 澄雄
 行き過ぎて尚連翹の花明り       中村汀女
 連翹に月のほのめく籬かな       日野草城
 基督は鬱にあらずやいたちぐさ   星野麥丘人

草城の句の「籬」は「まがき」と読む(調べて判った)。連翹の句は伝統的な叙景・人事句が多く、俺にとってはちょっと難しかった。そこで口語で逃げたようなところもある。「いたちぐさ」という異称もあるようで、星野麥丘人はそれを使ったもの。「花連翹」としてもいいように思うのだが。

※ダメだ。文字が一字(「う」)写真の横に回りこんでしまう。クソッタレエ。→画像を80%指定から85%指定に変えてOK。どうしてかはよくわからないが。

|

« 雪柳@雪柳触れてちひさき愛ひとつ | トップページ | 日永@永き日や手に職もなくカント読む »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪柳@雪柳触れてちひさき愛ひとつ | トップページ | 日永@永き日や手に職もなくカント読む »