« 桜@夕桜告げざりしことたゞひとつ | トップページ | 落花@ノンポリの今は無党派花筏 »

2007年4月 5日 (木)

落花@桜散る空にきのふはなかりけり

Photo_635 桜散る空にきのふはなかりけり

昨日の東京は大変な天気だった。花冷えに花の雨さらには春の雪で春雷もありまさに春の嵐だ。これでだいぶ散ったかなあ。写真は昨日の朝の多摩ニュータウン我が家近辺の状態である。
「空にきのふ」は「いかのぼりきのふの空のありどころ」蕪村から頂戴した。自然に昨日も今日も無いけれど(時間と空間は主観の形式→客観とか論理とか、結局は「客観(と認識されるもの)」「論理(と認識されるもの)」に過ぎない)、人は今日、昨日の空を探すのだ。

 人恋し灯ともしごろをさくらちる    白雄
 空をゆく一とかたまりの花吹雪    高野素十
 花散らす雨にうるほふ大地あり   稲畑汀子
 桜散るあなたも河馬になりなさい  坪内稔典

加舎白雄(かやしらお・1738~1791)は与謝蕪村とならび称される江戸中期の俳人、文学史上“天明中興の五傑”に数えられている。他に「さうぶ湯やさうぶ寄くる乳のあたり」などがある。叙情的な作風の俳人だ。

|

« 桜@夕桜告げざりしことたゞひとつ | トップページ | 落花@ノンポリの今は無党派花筏 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜@夕桜告げざりしことたゞひとつ | トップページ | 落花@ノンポリの今は無党派花筏 »