« 春の蚊@春の蚊や妻の妬心の微かなる | トップページ | 山笑ふ@女心ならびてゐたり山笑ふ »

2007年4月11日 (水)

日永@永き日やスペインダンス花舞台

Photo_656 永き日やスペインダンス花舞台

スパニッシュダンスとかフラメンコでは中七に置きづらいのでスペインダンスにしてしまったのを一寸反省している。でも、ひたむきに踊っていらっしゃる様子に感じ入るのは同じだ。「人はみななにかにはげみ初桜」深見けん二。

 永き日や漱石に髭子規に鬚       矢島渚男
 永き日を漕ぎ出していく鼻の穴      本村弘一
 永き日のわたしはイルカ遊び好き    土谷 倫
 永き日やなまけて写す壺ひとつ     水原秋桜子

こうしてみると永き日は人生そのものだ。日永を楽しめるのは最高の快楽であり幸福である。

|

« 春の蚊@春の蚊や妻の妬心の微かなる | トップページ | 山笑ふ@女心ならびてゐたり山笑ふ »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春の蚊@春の蚊や妻の妬心の微かなる | トップページ | 山笑ふ@女心ならびてゐたり山笑ふ »