« 強制連行訴訟判決、最高裁は司法権を放棄し国益を損ねた | トップページ | 満天星の花@満天星の新妻の歌くちずさむ »

2007年4月29日 (日)

藤@藤垂れてこの世に死後のなきごとく

Photo_733 藤垂れてこの世に死後のなきごとく

昨日、町田ぼたん園に吟行してきたが、生憎の曇り空、更には雷雨まで来て早めに切り上げて帰らざるを得なかった。また、出直すことにする。しかしながら、枝振りのいい白藤に出会えたことは幸いであった。あ、匂いを嗅ぐのを忘れたぞ。

 白藤や代々の女の伏瞼       香西照雄
 滝となる前のしづけさ藤映す    鷲谷七菜子
 暮れ際に茜さしたり藤の房     橋本多佳子
 飢ふかき一日藤は揺れにけり   加藤楸邨

例句を引くために歳時記を引いたら「藤垂れてこの世のものの老婆佇つ」三橋鷹女があるではないか。「美しき恋などせむか藤の花」をつくった時に自分でも引いているのに、すっかり失念していた。でも、まあいいか。意図せぬ本歌取りであったことにしよう。

|

« 強制連行訴訟判決、最高裁は司法権を放棄し国益を損ねた | トップページ | 満天星の花@満天星の新妻の歌くちずさむ »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 強制連行訴訟判決、最高裁は司法権を放棄し国益を損ねた | トップページ | 満天星の花@満天星の新妻の歌くちずさむ »