« 薔薇@歳なれば棘なき薔薇を愛でにけり | トップページ | 青鷺@青鷺の塑像のごとく佇ちゐたり »

2007年4月27日 (金)

著莪の花@やうやくに雨あがりけり著莪の花

Photo_729 やうやくに雨あがりけり著莪の花

先日の景信山行で著莪の花を教えてもらって写真を撮ったのだが、あまり出来がよくなかった。またの機会だなあと思っていたら、なんと近所の公園に咲いているではないか。
手元の歳時記(角川合本俳句歳時記)に季語として収録されていないのでネット検索してみると、「昨夜の雨人知れず著莪咲きにけり」一葉という句をつくっていらっしゃる方がある。そこで「花の歳時記 夏」を見ると季語として収録されていた。そうか、ポケット歳時記では矢張り限界があるのかと感じた次第だ。
ちなみに、この一葉さんのブログに「こうして花の名を覚えると、思わぬところでその花たちに出会い、今まで気付かずに見過ごして来たことがなんと多かったことかと、驚かされます」とある。句歴が浅い俺ではあるが全く同感である。心に財を積んでいるとさえ思うのだ。

 くらがりに来てこまやかに著莪の雨   山上樹実雄
 書に力抜くところあり著莪の花      根本好宏
 親鸞へ蓮如へ著莪のなだれ咲き     関 清子
 譲ることのみ多き日々著莪の花     塙  義子

著莪の中国名は胡蝶花だそうである。胡蝶舞ふ水辺に著莪の咲きにけり。

|

« 薔薇@歳なれば棘なき薔薇を愛でにけり | トップページ | 青鷺@青鷺の塑像のごとく佇ちゐたり »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薔薇@歳なれば棘なき薔薇を愛でにけり | トップページ | 青鷺@青鷺の塑像のごとく佇ちゐたり »