« 鶯 | トップページ | 浅井慎平の俳句 »

2007年4月 3日 (火)

李の花@朝食はフレンチトースト花李

Photo_628 朝食はフレンチトースト花李

初案「朝食はハムトーストや花李」だったが、ハムトーストではなんかそぐわないのでフレンチトーストに変更(甘いので味は気に入らない)。姉妹句で「お別れはフレンチキッスで花杏」と付けたいところだが、これは没とする(いや、悪くはないなあ)。

「凡人の平凡な庭すもも咲く」で「すももの樹陽が差しこんでフランス船」若森京子(あ、これ、李の花ではなく樹を詠んだ句だった。夏の句だ)を引いたおかげでこの句を得た。

 雲裏の日のまぶしさよ花すもも    木下夕爾
 奥飛騨のあかつきうごく花すもも   菅井静子
 故里の厠の貧し李咲く         滝沢伊代次
 みちのくは閉ぢてすももの花盛り   鈴木俊策

こうしてみると季語「李の花」の本意は可憐で素朴な味わいにあると思う。そこに「フレンチトースト」を配したのがお手柄の掲題句だと自己評価しておこう。

|

« 鶯 | トップページ | 浅井慎平の俳句 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鶯 | トップページ | 浅井慎平の俳句 »