« 山査子の花@メイフラワー我の処女地を拓くべし | トップページ | 中国もアメリカもバブル »

2007年5月12日 (土)

初夏@さはさはと初夏の風吹く詩のごとく

Photo_774 さはさはと初夏の風吹く詩のごとく

結句「詩のごとく」がどうかなあ。詩にするにおいて「「詩のごとく」とは自己言及のパラドクスみたいに思うが、いかがなものであろうか。写真は子供の日の笛吹川フルーツ公園吟行で撮影。写真を詩の代用として読まれよ。

 初夏の水蛇口から出るとき裸     和田悟朗
 雲湧いて少し寒うて夏始        大道雄彦
 寿司飯の酢のかがやきて夏初め   伊藤 妙
 新潟の初夏はよろしや佐渡も見え   高浜虚子

上の例句において虚子と現代の俳句との差異が際立っている。「よろしや」と古風で少し遊びめいた言葉使いのせいだろう。初夏の情感を詠いたいという発想が同じでも、手法の差によってこれだけの違いが出るのである。
いずれにしても爽やかな初夏。今日は好天なり。

|

« 山査子の花@メイフラワー我の処女地を拓くべし | トップページ | 中国もアメリカもバブル »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山査子の花@メイフラワー我の処女地を拓くべし | トップページ | 中国もアメリカもバブル »