« またまた別宅建立してしまった。 | トップページ | 初夏@さはさはと初夏の風吹く詩のごとく »

2007年5月12日 (土)

山査子の花@メイフラワー我の処女地を拓くべし

Photo_773 メイフラワー我の処女地を拓くべし

西洋サンザシの花が紅く可憐に咲いている。本来のサンザシは中国系で、加味平胃散(かみへいいさん)、啓脾湯(けいひとう)などの漢方方剤に使われるようだ。一方、西洋サンザシはこれとは同属別種とのことでメイフラワーとも呼ばれている。そこで、この季語を使わなくてはと数日念じていたらなんとか句になった。
この記事を書こうとして寺山修司に「処女地」を使った句歌があったなあと思い、探したら見つかった。「一粒の向日葵の種まきしのみに荒野をわれの処女地と呼びき」。この歌のどっしりとした重量感に比べたら屁みたいな本句である。本歌取りとも呼べぬ。

例句をと思ったら、サンザシのザにJISに無い字(木査)が使われている。?で代用する。

 山?子の日をうつうつとすごしけり   染谷泉径
 山?子の花の泡立ち四月の喪     すずきりつこ
 花さんざし斧のこだまの消えてなし   神尾久美子
 壷に挿す山?子の花は盗み来し     安住 敦

中国系サンザシと西洋サンザシは花もだいぶ違うようだ。季語としてはメイフラワーを別に立てた方がいいのではないか。
ああ、これでまた冥土に持って行く薀蓄が増えた。これが我が処女地なり。

|

« またまた別宅建立してしまった。 | トップページ | 初夏@さはさはと初夏の風吹く詩のごとく »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« またまた別宅建立してしまった。 | トップページ | 初夏@さはさはと初夏の風吹く詩のごとく »