« オニグルミ@オニグルミ羊の顔に笑みたまふ | トップページ | 芍薬@芍薬や愛に飢ゑたる日々ありき »

2007年5月26日 (土)

石楠花@石楠花や快晴富士の男ぶり

Photo_803 石楠花や快晴富士の男ぶり

山中湖花の都公園からの富士である。雲があるので「快晴富士」は虚偽とも言えるが俳句的誇張と許して頂きたい。いや、少々の傷があった方が男ぶりが上がるというものだろう。Photo_804
ほんとは石楠花と富士の取り合わせの写真にしたかったのだが、残念ながら撮影できなかった。代わりに水車と西洋石楠花を取り合わせた写真を付けておく。

 石楠花に碁の音響く山深し        高浜虚子
 石楠花によき墨とゞき機嫌よし      杉田久女
 深山石楠花この世かの世の遠い空   岸 秋渓子
 石楠花や主峰のの男ぶり       水沼三郎

最後の句、「男ぶり」を使ってるやん。困ったなあ。「花の歳時記 夏」から引いたのだがこの句を本句作句以前に見てないとは言えない。無意識下に残っていたのかもしれないが、「快晴富士の男ぶり」は俺のオリジナルである。

|

« オニグルミ@オニグルミ羊の顔に笑みたまふ | トップページ | 芍薬@芍薬や愛に飢ゑたる日々ありき »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オニグルミ@オニグルミ羊の顔に笑みたまふ | トップページ | 芍薬@芍薬や愛に飢ゑたる日々ありき »