« クローバー@クローバーよくよく見れば美しき | トップページ | 海見れば遠き記憶の甦る遺伝子の神生命の連鎖 »

2007年5月 5日 (土)

蝶@蝶の夢見果てぬままにバッハ聴く

Photo_757 蝶の夢見果てぬままにバッハ聴く

蝶が撮れたのだ。多分、アゲハチョウと思う(参照→蝶の図鑑)。
場所は大船植物園だ。ここはハンカチの木、ナンジャモンジャの木、ゆきもちそう、など珍しい植物も見られ、半日楽しめた。

俳句は蝶の写真をアップするための必要条件なので、ちょっと無理筋でつくった。「見果てぬまま」はつまらないし、「バッハ聴く」は困ったときのバッハ頼みである。蝶撮れてブログに載せる蝶の夢。写真も句も「初蝶来明日の便りの届きけり」に続く二作目である。

 ほそみとはかるみとは蝶生れけり    久保田万太郎
 蝶々のもの食ふ音の静かさよ       高浜虚子
 初蝶やわが三十の袖袂           石田波郷
 指に棲む蝶放たむとする夕べ       宗田安正

万太郎の句は文学論だろう。そして虚子、この発想の巨人よ。また波郷のロマンチシズム。最後は宗田安正の平明なシュール。どんな人だろうと検索したら「結社を創らず、入らず、独自の句郷に飄々としてお住まいの宗田安正さん、とても気になる俳人です」としていくつか紹介されているページに出会った。「銭湯にカフカ氏からだ洗ひをり」が気に入った。こんな句を俺はつくりたい。

|

« クローバー@クローバーよくよく見れば美しき | トップページ | 海見れば遠き記憶の甦る遺伝子の神生命の連鎖 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クローバー@クローバーよくよく見れば美しき | トップページ | 海見れば遠き記憶の甦る遺伝子の神生命の連鎖 »