« 石楠花@石楠花や快晴富士の男ぶり | トップページ | 夏めく@はじけぬは上海バブル夏兆す »

2007年5月27日 (日)

芍薬@芍薬や愛に飢ゑたる日々ありき

Photo_805 芍薬や愛に飢ゑたる日々ありき

写真はだいぶ以前の大船植物園吟行時のものだ。ようやく、芍薬の一句を得ることができた。
ところで「立てば芍薬」というのは「芍薬が花茎を伸ばし、頂に花を咲かせるため」と旅ガイド本「関東 花の旅」にあった。ネット検索してみたけれど該当する記述は見当たらない。どこまでホントウかは不明だが、芍薬と牡丹を弁別するキーにはなる。また、牡丹は落葉低木、芍薬は草本である。中国では牡丹は「花の王」、芍薬はそれに次ぐ「花の宰相」とされてきたそうだ(「花の歳時記 夏」より)。

 芍薬やつくゑの上の紅楼夢       永井荷風
 芍薬の一ト夜のつぼみほぐれけり   久保田万太郎
 芍薬を嗅げば女体となりゐたり     山口誓子
 芍薬に逢瀬のごとき夜があり      森 澄雄

例句が示すように「花の宰相」は「花の王」よりエロティックである。花にエロスを思うのは男の性(さが)ではあるが。

|

« 石楠花@石楠花や快晴富士の男ぶり | トップページ | 夏めく@はじけぬは上海バブル夏兆す »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石楠花@石楠花や快晴富士の男ぶり | トップページ | 夏めく@はじけぬは上海バブル夏兆す »