« アメリカ住宅バブルの終焉 | トップページ | 今日の一句、久保田万太郎 »

2007年7月29日 (日)

共産党、東京で議席喪失

50年ぶりだそうだ。野坂参三以来の議席を失ったということか。

真の対立軸は、国際主義vs国民主義。アメリカ帝国主義が多極化を推進しているのに、反帝国主義の代表であるべき共産党が「確かな野党」などと寝言を唱えているのだからアカンわなあ。

インターナショナルは何処へ行った、共産党。国民国家はいつか死滅する。

でも彼らは負けても「我々は正しい」と言い張るのだからどうしようもない反革命だ。くたばれ、人民の敵。

|

« アメリカ住宅バブルの終焉 | トップページ | 今日の一句、久保田万太郎 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アメリカ住宅バブルの終焉 | トップページ | 今日の一句、久保田万太郎 »