« 走馬燈@交はりも水のごとしよ走馬燈 | トップページ | 蜻蛉@結石や蜻蛉つるむ日帰り湯 »

2007年7月23日 (月)

百合@鬼百合や人生愉し修羅の世も

Photo_896 鬼百合や人生愉し修羅の世も

これも駄句である。鬼百合の鬼から修羅を連想させて中七に「人生愉し」を挟んだあざとい句である。それに、修羅というほどの修羅を作者は経験してないくせにエラソーに「人生愉し」なのである。
思春期、仕事生活、そして中年の修羅、あったと言えばそう言えなくもない。人に迷惑をかけ苦しめた。罪も犯した。しかしまあ、極楽とんぼの人生を享受できている。そうした記憶が俺の固有性(アイデンティティ)の主要な柱の一つであることだけは忘れないようにしたい。だから、認知症にも生活習慣病にもならず介護の世話を受けずに生を全うするのが俺の義務であると思っている。

 くもの糸一すぢよぎる百合の前       高野素十 
 百合の蘂みなりんりんとふるひけり     川端茅舎
 百合咲きていまだ花粉をこぼさざる     細見綾子
 百合の花家ひろびろと香りけり       黒柳昌子

「白百合や出口定めぬ恋をして」よりは本句の方が俗臭が少しは薄らいだか。この臭みを中和ないし昇華させるのが俺の句の課題だとは認識している。上の例句を見よ。

|

« 走馬燈@交はりも水のごとしよ走馬燈 | トップページ | 蜻蛉@結石や蜻蛉つるむ日帰り湯 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 走馬燈@交はりも水のごとしよ走馬燈 | トップページ | 蜻蛉@結石や蜻蛉つるむ日帰り湯 »