« 椿の実@百年の片恋覚めず椿の実 | トップページ | 日本に飛び火? »

2007年7月14日 (土)

百合@白百合や出口定めぬ恋をして

Photo_883 白百合や出口定めぬ恋をして

ご近所で見つけた百合。百合で一句をとうんうん唸って得た。しかし、この句の構造は旧作「湯豆腐や筋の通らぬ恋をして」と同じであることに気づいた。つまりは、類型的類想的な句であるということだ。合掌。

 笹百合の行く方へ行く老いにけり      永田耕衣
 霊歌歌ひ黒人百合をいだき去る      有馬朗人
 たくさんの百合添へて死を頂戴す     正木ゆう子
 ふれもせで百合くづれたり沖縄忌     丹波恵美子

「西洋では百合は早くからキリスト教と深く結びついており、今でも受胎告知の神聖な花として祭壇を飾る」そうである(花の歳時記 夏)。ほほう、と思いネット検索するとレオナルド・ダ・ヴィンチ――「受胎告知」の白百合」に出会った。白百合は純潔の象徴とされていて受胎告知の天使ガブリエルは(雄しべのない)白百合を手にしているのが通例だが、レオナルドのこの絵では、「わざと雄しべを百合の花の中に描い」ていると興味深いことが記されている。ご興味あれば是非クリックを。
お陰で百合に関する薀蓄が一つ増えた。俺は日ごとに賢くなっていくなあ。

|

« 椿の実@百年の片恋覚めず椿の実 | トップページ | 日本に飛び火? »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 椿の実@百年の片恋覚めず椿の実 | トップページ | 日本に飛び火? »