« 八連敗沈思黙考秋の暮 | トップページ | 阪神、連敗脱出(林2ラン) »

2007年9月28日 (金)

秋彼岸平次親分こゝにあり

Photo_6 秋彼岸平次親分こゝにあり

先日、前立腺癌の手術を無事に終えた知人を御茶ノ水の順天堂病院に見舞った。そのついでに近くの神田明神を吟行したPhoto_7ら、こんなのがあったので興に乗って写真を撮ってしまった。更にはこうしてネットで公開してしまうのだ、アホ。
右の写真は銭形平次の碑(台座が寛永通宝の形をしているPhoto_8ことに注意)。 発起人一覧を見て成程と思った。テレビ映画で永年、平次役を務めた大川橋像は色気のある役者だった。 邦画全盛時代の平次、長谷川一夫はもっと色気があるが、時代的に橋蔵ほど馴染みは無い。

|

« 八連敗沈思黙考秋の暮 | トップページ | 阪神、連敗脱出(林2ラン) »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八連敗沈思黙考秋の暮 | トップページ | 阪神、連敗脱出(林2ラン) »