« 阪神、連敗脱出(林2ラン) | トップページ | 花魁の曼珠沙華咲くわが団地 »

2007年9月29日 (土)

仏蘭西のレクイエム聴く花芒

Photo_2 仏蘭西のレクイエム聴く花芒

フォーレのレクイエム(「他人の信仰に敬意を払う不信心者の作品」と評されているそうだ)。「熱狂の日」でのミシェル・コルボ指揮の演奏をBS2で放送していたので録画して繰り返し聴いている。天国が実在するとは信じていないが、この曲は天国的な美しさだ。俺の葬式で流してほしい曲は、このレクイエムとカヴァレリア・ルスティカーナの間奏曲だなあ。

あと、レクイエムではヴェルディ。「怒りの日」などは少々辟易するぐらいオペラチックにすぎるが、ヴェルディが泣きながら作曲したというLacrimosa(涙の日)は聴き手も泣ける。アルコールが入っているとほんとうに泣いてしまうかもしれない。信仰は持てない俺だけど生きることの悲しみは知っている(つもりだ)。

CDは図書館から借りてダビング、DVDはテレビの録画。かくして俺のほぼコストゼロの「財産」は生ある限り増えて行く。キリエ・エレイソン(主よ、あわれみたまえ)

|

« 阪神、連敗脱出(林2ラン) | トップページ | 花魁の曼珠沙華咲くわが団地 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阪神、連敗脱出(林2ラン) | トップページ | 花魁の曼珠沙華咲くわが団地 »