« 「開かれた保守主義」とは何か | トップページ | 長瀞七草寺(2)恋文を書かぬ思春期藤袴 »

2007年10月 2日 (火)

長瀞七草寺(1)萩散るや子地蔵並ぶ洞昌院

Photo 萩散るや子地蔵並ぶ洞昌院

萩を秩父長瀞のお寺に見に行こうと思い立ち吟行。Photo_2 たどりついて見たらもう既に終わっていた。残念だなあ、矢張りお彼岸の頃までに来なければいけなかったかと思いつつも、折角秩父まで来たのだからと長瀞の七草寺めぐりをした。

Photo_3 指折り秋七草の寺めぐる

「指折り」は憶良の歌に倣って「およびおり」と読ませたい。Photo_4 箱根湿生花園で憶良の歌を知り、この歳になってようやく秋の七草に親しもうと考え、こうして秩父長瀞で復習する機会を持ち得たのである。「秋七草嫌ひな花は一つもなし」鈴木真砂女。次回に続く。

|

« 「開かれた保守主義」とは何か | トップページ | 長瀞七草寺(2)恋文を書かぬ思春期藤袴 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「開かれた保守主義」とは何か | トップページ | 長瀞七草寺(2)恋文を書かぬ思春期藤袴 »