« 秋風やたどりつきたる女の尻 | トップページ | 実むらさき一粒ごとのいのち賞づ »

2007年10月17日 (水)

仕事は辛い、つらい仕事を面白く

表題のフレーズは昔、三重県津のお客さんに教えてもらったもの。そうだなあ、と思いはしたがどうすれば面白くなるか、その秘訣はついにわからないままである。そこで、アバウトミーに質問して

→それから、「辛くてこの程度?(神様ありがとう)」というのはいいですね。辛くても目を開けていろよ、神様ありがとう、まんまヤンケ!

というヒントに至った。おいあくま=おこるな、いばるな、あせるな、くさるな、まけるなと共にマスコットにしよう、まんまヤンケ。

|

« 秋風やたどりつきたる女の尻 | トップページ | 実むらさき一粒ごとのいのち賞づ »

「哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋風やたどりつきたる女の尻 | トップページ | 実むらさき一粒ごとのいのち賞づ »