« 仕事は辛い、つらい仕事を面白く | トップページ | 起きぬけの朝丘雪路多摩の秋 »

2007年10月18日 (木)

実むらさき一粒ごとのいのち賞づ

Photo 実むらさき一粒ごとのいのち賞づ

紫式部の実を「実紫」「式部の実」などと季語になっている。紫式部の名も知らんかったなあ。俳句とデジカメのおかげである。

庭木として植えられるのはコムラサキで,これを「ムラサキシキブ」と呼ぶことが多いと思いますが,ムラサキシノブ(紫式部)というのは山野に生え,観賞価値はやや劣るかもしれません。とのことだ。勉強になった。

|

« 仕事は辛い、つらい仕事を面白く | トップページ | 起きぬけの朝丘雪路多摩の秋 »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仕事は辛い、つらい仕事を面白く | トップページ | 起きぬけの朝丘雪路多摩の秋 »