« 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋 | トップページ | フェルメールそしてヤン・ステーン »

2007年11月18日 (日)

短日や食卓高き美術館

Photo 短日や食卓高き美術館

新国立美術館フェルメール「牛乳を注ぐ女」を観に行って来た。Photo_2 今までの美術館と違ってビデオによるビジュアルな説明があったりして、この絵の遠近法テクニック、構図の工夫などがよくわかった。案内ヘッドフォンセット500円もあったが(当然のことながら)しぶちん俺は利用しなかった。

写真は美術館吹き抜けロビーにあるポールボキューズだ。さすがは美術館、凄いオブジェがあるなあと感心しつつ撮影した。ちなみにランチ2500円という高き食卓なのでフェルメール鑑賞後、東京ミッドタウン前のラーメン屋で(これもしぶちん俺は)昼食にした。

Photo_3 秋深し物見遊山の千代田線

東京ミッドタウンをひと回りして乃木坂から千代田線で帰宅。新国立美術館~東京ミッドタウンは巨大遊園地東京の周遊及びデートコースのひとつだろうなあ。
千代田線はかつての通勤電車なのでちょっぴり感慨深い深秋であった。
写真は新国立美術館の玄関。おばさんの肖像権侵害ゴメンナサイ。

|

« 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋 | トップページ | フェルメールそしてヤン・ステーン »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

ほんとにすごいオブジェですね。
さすが美術館。
フェルメール、観に行った方がいいですかねー。
迷っています。

投稿: ペリエ | 2007年11月18日 (日) 午後 03時10分

迷ったら実行する。それが定石です。

投稿: 土曜日 | 2007年11月18日 (日) 午後 07時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 所有するなにものもなく愛恋の憶ひは持たず過ぎゆくは秋 | トップページ | フェルメールそしてヤン・ステーン »