« 感情=欲望・喜び・悲しみ+情感 | トップページ | 菊の香や忘れてならぬ愛がある »

2007年11月 5日 (月)

山道に教はるその名高野箒

Photo 山道に教はるその名高野箒

扇山登山の先達の方が教えてくれた花だ。ネット検索したら「明るい二次林、特にアカマツ林に生育する。草本のようであるが、落葉低木に分類される」とあった。そういえば周囲はアカマツだったようにも思う。

その昔、和歌山県の高野山には竹、梨、胡桃、桃などの竹木がありませんでした。利潤を得る行為を戒めるという意味で、商品作物の栽培が禁じられていたのです。それで竹箒が作れず、代わりにこの木の枝を束ねて箒を作ったことから「高野箒」の名が付いたといわれています(週刊朝日百科「世界の植物(2)」より)。

というのが名前の由来のようである。世界は多様な生命と記号に満ちている。

|

« 感情=欲望・喜び・悲しみ+情感 | トップページ | 菊の香や忘れてならぬ愛がある »

「俳句写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感情=欲望・喜び・悲しみ+情感 | トップページ | 菊の香や忘れてならぬ愛がある »